脱毛後にVラインがかゆいと思う原因と対策について

Vラインを脱毛した後にかゆくなる事ってありますよね。Vラインがかゆくなると人前でかけないのですごく辛いのではないでしょうか。では、何故脱毛後にVラインがかゆくなるのかその原因と対策法を紹介したいと思います。

Vラインがかゆいと感じるのはどうして?

Vラインを脱毛後にすごくかゆくなることがありますよね。何故そのような事が起こるのかというと脱毛した部分の毛が徐々に伸びてくるために起こってしまいます。実は脱毛をするときに施術を受ける日には脱毛の効果をしっかりと出すためにシェーピングを行う必要があります。
生理中の脱毛の相談なんてなかなかできなくて困りますよね。生理中のお悩みについてはすごく細かく解説してくれるサイトがあったので勝手にリンクしておきます。こっそりリンク
シェーピングをした後はもちろん毛がまったくないツルツルの状態になりますが、1日経つと徐々に毛が伸びてきてしまいます。その伸びてきた毛が下着や肌に触れることで刺激になりかゆみが生じます。特にひどいかゆみを感じるのは脱毛してから2~3日後なので少し我慢が必要かもしれません。ですが、そのうちかゆみは絶対にひくので一時の我慢だと思うことが大切です。かゆくて大変かもしれませんが、対策を考えて乗り切りましょう。

Vラインがかゆいの抑えるために保湿する

かゆいといってもそのままにしておくのも辛いと思います。そのため、少しでもかゆみが改善出来るように対策を考えると良いですよね。特に一番大切なのは保湿をしっかりとすることです。お肌に水分を与えると、外部の刺激から守ってくれるので少しは改善されます。反対にお肌が乾燥した状態になると刺激に対して敏感になってしまい、少しの事でかゆみを感じてしまう事があるので乾燥は避けるようにしましょう。また、保湿をするものも通常の化粧水などでもOKですが、Vラインはデリケートなので少しでも肌に優しい無添加のものを選ぶと良いですね。かゆみを少しでも減らすために保湿は怠らないようにしてください。そして、少しでもかゆみから解放されてくださいね。

Vラインのかゆいのを抑えるために下着選びも必要

保湿も大事ですが、肌に触れる下着を工夫する事も非常に大切です。下着とこすれてかゆくなってしまうので出来るだけゆったりとした下着にすることが重要です。あまりきつい下着をつけると締め付けられるのでこすれたり蒸れたりするので、Vラインの脱毛後には適していません。少し大きめの下着をはいてお肌にあまり触れないようにしましょう。お肌に触れなければ刺激が少なくなるので少しはかゆみが改善される可能性があります。また、素材も吸水性にすぐれている肌触りの良い木綿か合成繊維のものを選ぶとお肌のかゆみには効果的です。少しでもかゆみを抑えたいならしばらくの間は下着選びに慎重になった方が良いですね。少しの間だけ下着を変えてみる事をおすすめします。

Vラインがかゆいときのためにしっかりと対策を

このように、Vラインのかゆみについて紹介しました。脱毛後はどうしてもかゆくなりやすい事が多いので対策が必要です。ですが、脱毛のときにシェーピングするのは脱毛を上手く行うためには大切な事なのである程度かゆくなるのは覚悟しておきましょう。かゆくなっても対策が取れるように準備しておく事が大切です。